コープぐんまとは

お買い物・サービス

コープの商品

社会的な取り組み

参加・イベント

るっく&WALK

NO.174 上毛かるた「な」の札(2016年10月号)

社日稲荷神社と小泉神社の写真
るっく&WALK in 大泉町

街道の歴史を伝える杉並木

安中原市杉並木の写真

安中原市杉並木

中山道は、江戸時代初期に整備された五街道のひとつ。新町宿から上州に入り、碓氷峠を抜けて信州へと続く中山道は、東海道とともに江戸と京都を結ぶ重要な街道でした。
中山道を多くの旅人が行き交った時代、道筋には宿場が整えられ、通行する人々を風や日差しから守るために並木が整備されました。当時、安中から原市まで約1キロメートルにわたって700本以上の杉が植えられたといわれており、かつては日光杉並木よりも名を知られた存在だったそうです。

中山道の面影を探し求めてほぺたんは安中へ。明治時代、安中の杉並木は「旧碓氷郡役所」などの建築用材としても利用されました。さらに時代が進み、自動車が普及するようになると、その排気ガスで杉が枯れるようになりました。杉の本数は減少してしまったものの、樹齢300年とも400年ともいわれる古木を今も見ることができます。

安中にやってきたほぺたんの写真

ほぺたん、安中へ!

旧碓氷郡役所の外観

旧碓氷郡役所

杉並木を眺めながら歩いていたほぺたんは、「天然記念物安中原市杉並木」と刻まれた石碑を発見。この石碑は、昭和8年(1933年)に保護を目的として杉並木が国の天然記念物に指定され、その翌年につくられたものだそうです。
旧中山道沿いに建つ並木副配水池には、腰に刀をさした侍たちが街道を走る姿が描かれています。この絵は、幕末に行われた「安政遠足」の様子を描いたもの。当時、安中藩主であった板倉勝明が、藩士の心身を鍛えるため安中城門から碓氷峠熊野神社までの7里余り(約29キロメートル)を走らせたといわれています。

天然記念物の碑の写真

天然記念物の碑

並木副配水池に描かれた「安政遠足の絵」

安政遠足の絵(並木副配水池)

中山道を藩士が走り、競い合った「安政遠足」は、日本最古のマラソン大会といわれています。安中市文化センターの西側に並ぶ2つの石碑。ひとつには「安中藩安政遠足之碑」、もうひとつには「日本マラソン発祥の地安中」と刻まれています。
その歴史にちなみ、安中では、毎年5月第2日曜日に「安政遠足侍マラソン」が開催されています。ユニークな仮装をしたランナーたちが多く参加するマラソン大会は、安中の初夏の風物詩となっています。

安政遠足の碑の写真

安政遠足の碑

日本マラソン発祥の碑の写真

日本マラソン発祥の碑

地図

編集だより

安中では、2年に1度10月に「あんなか祭り」が開催されます。旧中山道を練り歩く山車はとても華やか。6つの地区を代表する山車が勢ぞろいすると、お囃子の競演が繰り広げられるのだとか。今年は安中市合併10周年を記念した花火大会も行われるそうです。次はお祭りを見に安中を訪ねたいと思います!

あんなか祭りの様子

あんなか祭り

開催場所…安中市安中地区・安中市役所周辺
開催日…平成28年10月9日・10月10日
※詳細は、「あんなか祭り」の公式facebookページをご覧ください

  • 掲載した店舗・施設は、定休日以外に臨時休業となる場合もあるので、ご了承ください。
  • 一部取材先より画像をお借りしています。

■次回は中之条町をご紹介します。