動物用医薬品・飼料添加物の使用について

1.動物用医薬品の特徴

  1. 動物用医薬品は家畜等の病気の予防(ワクチン、消毒薬など)や治療(抗生物質、解熱鎮痛剤など)などに使用します。使用基準は「薬事法」で定められています。
  2. 動物用医薬品には「要指示医薬品(抗生物質、ホルモン剤、ワクチン等)」とそれ以外の「一般医薬品」があります。「要指示医薬品」を使用する場合は、獣医師の診察が義務付けられています。

2.飼料添加物の特徴

  1. 飼料添加物は家畜や養殖魚の栄養補給(ビタミン、アミノ酸など)、飼料の品質低下の防止(防カビ剤、粘結剤など)、病気の予防などの目的で、飼料に混ぜ合わせて使用します。
  2. 飼料添加物は「飼料の安全性の確保および品質の改善に関する法律(通称:飼料安全法)」で用途や使用基準が定められています。
  3. 家畜を順調に発育させることや病気を防ぐ目的で、動物用医薬品と同じ成分を飼料に微量添加して使うことがあります。

3.動物用医薬品等の残留基準(食品衛生法《ポジティブリスト制度》)

  1. 動物用医薬品等はADI(一日摂取許容量)を超えないように残留基準を設定しています。(かなり安全をみて低い値で設定しています)そして、残留基準を超えないレベルで使用基準を設定しています。
  2. 動物用医薬品等の残留基準は、農薬同様にポジティブリスト制度(食品衛生法)です。国産・海外産を問わず「すべての動物用医薬品等」×「すべての畜産物等」のパターンに基準が設定されています。残留基準が設定されていないパターンは、国際基準等を参考にした暫定基準が設定されています。また、国際基準等がない場合は、一律基準(0.01ppm)が設定されています。
  3. 食品衛生法では、基準を超えて動物用医薬品等が残留する食品の流通を禁止しています。

4.コープデリグループの動物用医薬品等(飼料添加物含む)の考え方

  1. 生産者にとって家畜は財産でありパートナーです。大切な家畜を育てるために、病気から守るために、動物用医薬品等は必要な場合に、適正に使用することが基本です。
  2. 畜舎内の衛生管理、栄養バランスのとれた良質なエサ、日常の健康状態の点検、消毒・予防注射など家畜が病気にかからないようにすることが基本です。その手段の一つとして動物用医薬品等があります。
  3. 「無薬飼育」など使用量のさらなる削減は、生産者の主体的な取り組みであること、そして生産性やリスク等を含めて総合的に評価します。薬を使わないから良いということではありません。
  4. 薬事法、飼料安全法、ポジティブリスト制度(食品衛生法)などの法律を順守することで、畜産物の安全性が確保されます。用法、用量、使用上の注意および使用禁止期間・休薬期間を順守することです。動物用医薬品等のリスクを正しく理解し、適切に使用し管理することが食品安全の基本です。
    ※動物用医薬品等の使用・残留についての自主基準はありません。法令順守が基本です。