野菜・果物(回答)

野菜

キャベツ

Q:水で洗っても消毒くさいです
A:辛味成分の影響によるものです
201808_01qa_cabbage.jpg

キャベツ、ブロッコリー、大根などのアブラナ科の植物には「イソチオシアネート」という辛味成分が含まれており、切ったりゆでたりすると、この成分が分解し、「ジメチルジサルファイド」という物質ができます。この物質の濃度が高いとにおいを感じることがあります。これは植物由来のもので、召し上がっても問題はありませんが、食べられないほどにおいが強い場合もあります。
生育期に高温にさらされたり、雨が少なかったことにより生じたものと考えられますが、見た目では判断が難しいことから、においが強いものが混入してしまう場合があります。このような場合には、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

たけのこ水煮

Q:たけのこの繊維の中に入り込んでいる、白いつぶつぶは何ですか?
A:たけのこに含まれる成分です
201806_01qa_takenoko.jpg

この白い点はたけのこに含まれる成分の「チロシン」が凝固したものです。チロシンは、たんぱく質に含まれるアミノ酸の一種で栄養成分ですので、召し上がっても問題はありません。たけのこの肉質のやわらかいものほどチロシンの含有量が多く、パック詰めした後に表面に出てきたものと考えられます。また、流通過程での衝撃などで、たけのこの内部にあったものが外に出たことも考えられます。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

アボカド

Q:自宅で保存していても実がやわらかくなりません
A:追熟が不十分で未熟だったため、硬い状態でした
201806_02qa_avocado.jpg

アボカドは青く硬いまま海外から輸入し、国内で追熟させます。すぐ食べられる状態にまで追熟させたやわらかい果肉だと、時間の経過や温度変化、配達の衝撃を受けて傷みが発生し、お手元に届いた段階では食べられなくなってしまいます。そのため、特にお届けまでの日数や気温を考えて、お届け後2~3日で召し上がれる程度の少々硬めの状態に追熟させ出荷しています。今回は追熟が不十分だったため硬い状態でした。このような場合には、担当者にお申し付けください。また、ビニール袋に入れて高めの室温の場所に置いておくと追熟が進みますので、お試しください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

レタス

Q:芯の部分が赤く変色しましたが、食べてよいでしょうか
A:食べても問題ありません
201805_01qa_lettuce.jpg

レタスは切り口から白い液体が出ます。これはポリフェノールの一種で、空気に触れると酸化し、赤紫や茶色に変色します。召し上がっても体に差し支えありませんが、気になる場合には、変色した部分を取り除いてお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ぶなしめじ

Q:石づき近くに白いカビのようなものがあります
A:きのこの一部で「菌糸」です
201805_04qa_bunashimeji.jpg

きのこ類は菌類で、糸状の細胞である「菌糸」でできています。この菌糸が繁殖して、きのこになります。菌糸は召し上がっても差し支えありませんが、特に見た目の悪いものは取り除くようにしています。
ぶなしめじは産地でパック詰めした後、いったん冷蔵庫で冷やし冷蔵車で運ばれますが、温度変化や湿度が高くなると菌糸が現れることがあります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

キャベツ

Q:白い粒が付着しています
A:キャベツ自体が出すもので、害はありません
201804_01qa_cabbage.jpg

この白い粒は、キャベツの成長段階でこすれたり、虫の食害などでできた小さなキズをふさぐために、キャベツが自らを保護するために分泌する「カルス」というかさぶたのようなものです。召し上がっても問題ありませんが、見た目のひどい物は取り除くようにしています。気になる場合には、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ごぼう

Q:ごぼうの中が赤やピンク色になっています
A:ごぼうが持つポリフェノールの酸化による変色です
201804_03qa_burdock.jpg

ごぼうに含まれるポリフェノール成分が、同じくごぼうに含まれる鉄分などのミネラル成分と反応したり、ごぼうに「す」(細かい穴)がある場合に、空気に触れて変色することがあります。変色が目立つものを取り除くようにしていますが、取り除かれずに混入してしまいました。
召し上がっても問題はありませんが、気になる場合には、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

じゃがいも

Q:刃物で切られたような傷が付いているものがありました
A:掘り取り傷があるものをお届けしてしまいました

じゃがいもの収穫には大型機械を使用しています。その際、どうしても掘り取り傷が付いてしまいます。傷が小さいものは商品として使用しますが、傷の深いもの・割れ・削られたものは、惣菜や加工用として出荷していました。傷が大きいものが入っていた場合には、選別の誤りですので担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

さつまいも

Q:ブヨブヨに軟らかくなってしまいました
A:低温の影響によるものです

さつまいもは寒さに弱い野菜ですので、15℃くらいでの貯蔵が適しています。冷気にさらして低温の影響を受けると、内部や皮が変色し、ひどい場合は軟らかくなって腐敗することがあります。このようなものが届きましたら、担当者にお申し付けください。なお、ご家庭でも、15℃未満になる場所での保管はお控えください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

れんこん

Q:ゆでたら、皮の部分に黒い斑点が出てきました
A:れんこんの持つ成分によるものです
201801_02qa_renkon.jpg

れんこんには、ポリフェノールの一種である「タンニン」が含まれています。タンニンは熱を加えたり酸化すると、赤・紫・黒・褐色などに変色することがあります。また、使用する調理器具が鉄製品である場合や、れんこんが生育した土壌中に鉄分が多い場合なども変色することがあります。
タンニンは、元かられんこんに含まれている成分であり、お召し上がりいただいても問題はありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

かぼちゃ

Q:果肉に白いものが付着しています
A:水分が蒸発したことにより、かぼちゃに含まれる糖質が固まったものです
201711_01qa_pumpkin.jpg

かぼちゃの主成分であるでんぷんやぶどう糖などの糖質が、水分とともににじみ出た後、水分が蒸発し白く固まったものです。かぼちゃに含まれる成分で、少量でしたら白く硬い部分を取り除いてお召し上がりいただいても差し支えありませんが、多量に付いている場合には硬く食べられません。気になる場合や、多量に付いている場合は担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

きゅうり

Q:黄色いゼリー状のものが付着しています
A:きゅうりの樹液が固まったものです
201710_02qa_kyuuri.jpg

収穫時、つるから出る液(養分)が、きゅうりに付着し固まったものでした。樹液は、出た当初は透明で粘り気のある液体のため、付いていることに気づかず、出荷してしまったものと思われます。きゅうりの成分であり、問題はありません。洗い流し、安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

小松菜

Q:黒い小さな斑点がたくさん付いています
A:天候不順の影響によるものです
201708_01qa_komatuna.jpg

このような状態は、天候不順の影響を受けるなどして、野菜の生理障害である「ゴマ症」が発生したものと思われます。召し上がっても差し支えることはなく、味も変わりませんが、気になる場合には担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

グリーンアスパラ

Q:穂先が濃い紫のような色です
A:個体差で色素成分が多く含まれていたためです
201706_01qa_asupara.jpg

グリーンアスパラの持っている色素成分(アントシアニン)が多く含まれていたため、穂先などの色が濃くなったものと考えられます。食味や食感は変わりませんので、安心してお召し上がりください。気になる場合には担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

トマト

Q:カルキみたいな消毒のにおいがします
A:天候などによる生理現象です
201705_02qa_Tomato.jpg

今回は、熟成中の天候不良や生育不良などの影響により、トマト自体が持っている苦味成分が多く残り、異臭が発生したものと思われます。
また、トマトが熟成しすぎてアルコール類揮発性物質が発生し、異臭につながったことも考えられます。いずれにしましても、トマト由来の成分によるものであり、召し上がっても体に差し支えることはありませんが、食味は良くありません。このような商品がございましたら、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

スナップえんどう

Q:白や黒の斑点が付いています
A:低温の影響によるシミです
201704_01qa_sayaendou.jpg

スナップえんどうが育つ過程で受けた低温などの影響により生育障害が発生し、斑点状のシミ(変色)が発生したものです。変色箇所が大きく目立つものは取り除いております。変色が軽度のものは、味に影響はありません。気になる場合には担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

きゅうり

Q:中が茶色い
A:流通過程で低温にさらされたためです
201703_01qa_kyuuri.jpg

きゅうりは外気温が下がる時期に内部が変色する「果肉褐変(かっぺん)症」が発生してしまうことがあります。これはきゅうりに含まれる成分が酸化したことで生じる現象です。きゅうりはハウス栽培のため生育中に低温になることはなく、収穫後の配送中・配送後に保管場所などで低温にさらされることで発生するとされています。また、生育過程の栄養バランスなども関係していると言われています。お気付きの際には担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

大根

Q:大根が青い
A:「青あざ症」の被害果です
201702_01qa_daikon.jpg

生育期の天候不順の影響と、栄養素として必要な成分が足りなかったことにより、生育障害である「青あざ症」が発生します。召し上がってもお体に影響はありませんが、特有の苦味やえぐみが強くなり、食味は低下します。
産地では、畑ごとに大根をいくつかカットし、中の点検もしていますが、外側からの判断が難しいことから混入してしまいました。このような商品が届いてしまった場合には、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

安納(あんのう)いも

Q:以前届いたものは皮がベージュでしたが、今回は皮が赤かった。本当に安納いもですか
A:皮が紅色の「安納紅(べに)」という安納いもです
201701_01qa_annouimo.jpg

安納いもには皮が白っぽい「安納こがね」と、皮が紅色の「安納紅」があります。今回コープデリでお届けしたものは「安納紅」でした。コープデリの商品カタログでは、「いずれかをお届けします」と表記して、お届けさせていただきました。どちらの安納いもも、しっとりとして甘いのが特長です。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

キャベツ

Q:白い粉が付いています
A:キャベツ自体が出す天然のロウ物質です
201701_02qa_kyabetu.jpg

この白い粉は、キャベツ自体が作り出す天然のロウ物質(ワックスブルーム)で、これによって乾燥、低温、太陽光線、摩擦などからキャベツ自体を保護しているだけでなく、病原菌の感染や昆虫に食べられるのを防ぐ役割を果たしていると考えられています。
このロウ物質が雨などで溶けて流され、根元の方や葉脈の間などにたまり、乾燥して白くなったものが白い粉のように見えます。召し上がっても問題はありませんが、気になる場合は洗い流してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

白菜

Q:全体的に黒い斑点があります
A:「ゴマ症状」と呼ばれる現象です
201612_01qa_hakusai.jpg

この現象は「ゴマ症状」と呼ばれ、病虫害ではなく肥料の吸収量や、降水量・気温の変化によって起こることがあります。
召し上がっても問題はありませんが、見た目のひどい白菜は出荷しないよう取り除いています。気になる場合には、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

さつまいも

Q:表面に黒いものが付いていました
A:切り口から出る成分が固まったものです
201611_02qa_satumaimo.jpg

さつまいもの表面の黒いものは、切り口から出る白い乳液(ヤラピン)が、皮に付いて変色し、固まったものです。収穫時の切り口から出たものが付いてしまったか、さつまいも同士がぶつかって、できた傷口から染み出た液が付いてしまったものと考えられます。
さつまいもに含まれている成分で、中身には影響ありませんが、洗い落としてお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

枝豆

Q:ゆで汁が赤くなりました
A:枝豆に含まれる色素によるものです

枝豆をゆでると、枝豆に含まれるカロテンやアントシアンといった色素が水に溶け、ゆで汁が赤くなることがあります。
枝豆には、他にも、クロロフィルやフラボノイドといった色素が含まれており、これらが溶け出ると、ゆで汁が変色したように感じられることがあります。いずれも枝豆に含まれる色素によるものですので、安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

にんにく

Q:青いものがありました
A:においの成分が鉄分に反応したためです
201604_03qa_ninniku.jpg

にんにくは、外皮がむけるなどして空気に触れると、にんにくのにおいの元である「アルキルサルファイド」という成分がゆっくりと分解し、にんにくが持つ鉄分と反応して青緑色になります。これは、にんにくを酢やしょうゆなどに漬けても起こる場合があります。
なお、この現象は、にんにくに含まれるにおいの成分量によって、発生するものとしないものがあります。安全性には問題ありませんので、安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

新たまねぎ

Q:芽が出ています
A:新たまねぎの特徴です
201604_04qa_sinntama.jpg

新たまねぎは生命力が強く、切り口から芽が伸びてくるものがあります。目立つものは袋詰めの際に取り除きますが、基本的にはそのままお届けしています。
水分を多く含んでおり、傷みやすいため、野菜室で保存し、お早めにお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

さつまいも

Q:ふかしたら緑色になりました
A:さつまいもに含まれるポリフェノールによるものです
201602_02qa_satumaimo.jpg

さつまいもに含まれるポリフェノールの一種、「クロロゲン酸」が原因と考えられます。この変色は、さつまいもの種類や気候、栽培条件、時期などにより、まれに発生することがあります。安全性には問題ございませんので、安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ブロッコリー

Q:ブロッコリーをゆでたら変な臭いがしました
A:ブロッコリーが持つ辛味成分によるものです
201601_02qa_borokkory.jpg

お申し出いただいた商品を確認したところ、臭いはブロッコリーなどのアブラナ科の植物が持つ辛味成分「イソチオシアネート」によるものと考えられます。この成分は、ゆでる・切るなどで分解されることで「ジメチルジサルファイド」という成分になります。この濃度が高くなると、消毒液のような臭いがすることがあります。お召し上がりいただいて問題ございません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

キャベツ

Q:キャベツの表面が紫色になっているのはなぜですか?
A:キャベツの持っている色素が寒さに反応したためです

キャベツをはじめ、カリフラワーやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜には、アントシアンと呼ばれる紫色の色素が含まれています。この成分を持っている野菜が寒さに当たると、紫色に変色する場合があります。
キャベツは、外気に直接あたる外葉だけが紫色になり、1枚むけば中は通常の緑色の状態です。ブロッコリーやカリフラワーは、ゆでるなど加熱すれば元の緑色や白色に戻ります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ブロッコリー

Q:洗うと白い粉のようなものが浮いてきます。何ですか?
A:ブロッコリーが実を守るために分泌する「ブルーム」です

野菜や果物は、天候や気温の変化から身を守るため、「ブルーム」という白い粉を分泌します。このブルームは、植物自らが出す天然の分泌物です。品質には問題ありませんので、安心してお召し上がりください。ブロッコリー以外にも、きゅうりやぶどう、黒豆などにもよくみられます。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

もやし

Q:洗わなくてもよいですか?
A:さっと水洗いしてからご利用ください
201510_04qa_moyasi.jpg

洗わなくても衛生上の問題はありませんが、加熱調理する前にかるく水洗いをした方が、袋の中にこもった臭いが飛び、もやしもシャッキリしますので、風味良くおいしくなります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

たけのこ水煮

Q:根の部分が青くなっている
A:たけのこの色素によるものです
201504_01qa_takenoko.jpg

たけのこが持っている「クロロフィル(緑色の色素)」、「カロテノイド(オレンジ色の色素)」、「アントシアニン(紫色の色素)」が、生育状況や気温の変化によって変色したものです。色のあらわれ方には個体差があり、変色する場合としない場合があります。食べても問題はありません

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

大根

Q:薬臭く、食べたら舌がピリピリした
A:大根の辛味成分によるものです

大根に含まれている「イソチオシアネート」という辛味成分によるものと思われます。この辛味成分が分解されたときに「ジメチルジサルファイド」という物質ができ、この濃度が高くなると薬品臭が感じられます。また、辛味成分の量が多かったため、ピリピリと感じたものと思われます。食べても健康に影響はありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

なめこ

Q:日付の表示がない
A:生鮮食品のため、日付表示はありません

なめこやしいたけ、えのきなどのきのこ類は、一般の野菜と同じ生鮮食品であるため、製造日や消費期限などの日付表示はありません。生育状況・天候・気温・湿度などの変化や保管状況によって日持ちが異なりますので、購入後はお早めにお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

れんこん

Q:切り口が黒っぽく変色した
A:ポリフェノールの一種によるものです
201501_qa_renkon.jpg

れんこんが黒っぽく変色するのは、ポリフェノールの一種である「タンニン」によるものです。食味に影響はありませんが、カットした後、すぐに酢水につけると、変色を防ぐことができます。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ほしいも

Q:白い粉が全体に付いている
A:さつまいもの糖分です
201501_qa_hoshiimo.jpg

ほしいもはさつまいもを蒸した後に乾燥して作りますが、その際にさつまいものでんぷんがいもの酵素によって分解され、麦芽糖に変わります。この麦芽糖が、いもの表面で白い粉となります。表面の粉の付き方は、いもを干しているときの温度によって異なるようです。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

かぼちゃ

Q:煮たら皮の表面が紙のようにめくれた
A:乾燥から身を守る保護膜です
04.jpg

実の乾燥を防ぐため、かぼちゃには皮の表面を保護する透明の膜があります。膜はかぼちゃ由来の成分ですので、召し上がっても問題はありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

レタス

Q:外葉が多い
A:高温など天候の影響です
201411_qa_retasu.jpg

今年は、夏の異常気象の影響で外葉が多くなる傾向がありました。外葉をよく洗い、刻んで軽く炒めたり、サッとゆでるとおいしくいただけます。気になる場合は、1~2枚葉をむいてお使いください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ブロッコリー

Q:茎に空洞がある
A:急激に成長したためです
01.jpg

降雨や気温の変化などの影響でブロッコリーが急激に成長すると、茎の生成が追いつかなくなり、空洞ができる場合があります。空洞が極端に大きなものや深いものは検品時に取り除いていますが、食べる部分(花蕾(からい))に影響がなく、傷みの発生していないものは取り扱う場合があります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

さつまいも

Q:泥つきのさつまいもを洗って保存してもいいですか
A:食べる分だけ洗うとよいでしょう
201410_qa_satumaimo.jpg

さつまいもは、水気がつくと腐りやすくなります。洗ったさつまいもは水分を吸っているため、あまり長く保存できません。土付きのまま風通しのよい冷暗所で保存してください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

じゃがいも

Q:中心に空洞があった
A:天候の影響です
01.jpg

夏の高温や大雨などの影響で、じゃがいもの中心部分に空洞ができたり変色したりすることがあります。青果品の物流センターで入荷時に試し切りをするなどしていますが、外側からは判断できないため混入する場合があります。お召し上がりいただいても問題ありません。気になる場合はコープの担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

しょうが

Q:新しょうがとひねしょうがの違いはなんですか
A:収穫したてのしょうがや夏ごろから早掘りし出回るしょうがが「新しょうが」、収穫後、2カ月以上保管されたものが「ひねしょうが」です
201407_qa_shouga01.jpg

新しょうが

新しょうがは、白っぽい色で、すじが少なくさわやかな辛味があります。
ひねしょうがは繊維があり、辛味が強くなっています。

201407_qa_shouga02.jpg

(ひね)しょうが

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

サラダ用ほうれん草

Q:サラダだけでなく、加熱しても食べられますか
A:加熱してもおいしく食べられます
p_f01.jpg

通常、ほうれん草は苦味成分であるアクを抜いて調理しますが、サラダ用ほうれん草は、アクのもととなる硝酸をより少なく改良し、生でもおいしく食べられるように改良されたものです。加熱しても、アクが少なく、茎も細くて柔らかいです。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

じゃがいも

Q:じゃがいもの芽に毒素が含まれると聞きましたが、どうしたらよいでしょう
A:芽は根元を含めて完全に取り除いてください
201405_qa_imo.jpg

じゃがいもの芽とその根元や、光に当たって緑色になった部分には、天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれており、食べると吐き気や下痢、嘔吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。じゃがいもの芽と根元、緑になった部分は十分取り除いてください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

たまねぎ

Q:たまねぎの皮の下に黒い点々がついています
A:黒かび病にかかったものと考えられます
201401_qa01yasai.jpg

黒かび病は、主に収穫後の乾燥時に高温多湿の条件で発生することが多く、病原菌自体は畑や種子にも存在しています。黒く見えるのは胞子ですので、洗っていただければすぐに落ちます。気になる場合は、取り除いてご利用ください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ミニトマト

Q:買ってきたミニトマトがきれいなので、洗わずにそのまま食べてもいいですか
A:野菜は洗ってから食べましょう
201311_qa01yasai.jpg

見た目がきれいに見えても、ホコリなどの汚れだけでなく、土の中の病原性大腸菌など、食中毒菌がついている可能性があります。特に生で食べる野菜はていねいに洗いましょう。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

水煮野菜

Q:パックを開封したら酸っぱいにおいがした
A:クエン酸が「酸っぱいにおい」と感じられたものと思われます
201310_qa01yasai.jpg

水煮野菜には、保存していると色が褐色に変化するものがあります。この色の変化を抑えるためクエン酸などを加える場合があります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

さつまいも

Q:さつまいもの煮物を作ったら、薄黒くなってしまいました
A:アク抜きが不十分だと、煮ている時に黒ずむことがあります
201309_qa03satumaimo.jpg

切ってから、よく水にさらしてアクを抜くと良いでしょう。煮る時に、レモン汁やクチナシの実を入れて、きれいに仕上げる方法もあります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ブルームきゅうり

Q:表面が白くなっているのは?
A:きゅうり自身が出すものです
201307_01.jpg

白い粉状のものをブルームといい、水分の蒸散を防ぐためにきゅうり自身が出すものです。召し上がっても問題ありません。ブルームきゅうりは、ブルームが出やすい品種で、やわらかく、サラダや漬物に適しています。反面、皮が薄く日持ちがしません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

にんにく

Q:お酢に漬けたら青くなった
A:においや辛みの成分が鉄分と反応したためです
p_f03.jpg

にんにくに含まれるにおいや辛みの成分「アルキルサルファイド」が食酢(酢酸)によって分解され、にんにくに含まれる鉄分と反応して青くなったと考えられます。 このほかにも、アルキルサルファイドを含む大根やらっきょうでも同じような現象が見られ、食酢やしょうゆに漬けたり、すりおろしたりした時に起こりやすくなります。 変色しても無害ですので、安心してお召し上がりいただけます。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

なめたけ

Q:原料はえのきなのになぜ「なめたけ」?
A:「なめたけ」はえのきの別名です
2013_05qa04.jpg

瓶詰めのなめたけに使われているきのこはえのき(エノキタケ)で、なめたけはえのきの別名です。しょうゆで味付けしたえのきを瓶詰めにして初めて発売された時の商品名が「なめ茸」だったことから、この名前が定着しました。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

大根

Q:皮がむけていた
A:冷え込みによるものです
02.jpg

今冬の冷え込みは厳しく、写真のように大根の上部に皮がむけているものが多く見られました。程度の軽いものはそのまま使用しておりますが、大きくむけているものは検品時に取り除いています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

たまねぎ(天心(てんしん))

Q:皮がはがれている
A:皮がはがれやすい品種のためです
01.jpg

たまねぎ(天心)は外皮が薄くてはがれやすいのが特徴です。コープデリ宅配では、はがれやすいことを説明するお知らせを添付してお届けしています。品質や食味には問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

あかしそ

Q:漬けたら油のようなものが浮いていた
A:しそに含まれる油です

しその葉や実には精油成分(ペリラアルデハイド、リモネンなど)が含まれており、これらが表面に浮いたものと思われます。しそ由来の成分ですので、召し上がっても問題はありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

国産グリーンアスパラガス

Q:色が薄い
A:葉が成長し、日光が茎に当たりにくくなるからです
01.jpg

夏場のアスパラガスは、春に収穫するものよりも色(グリーン)が薄くなります。これは、夏になるとアスパラガスの葉が生い茂って日光を遮り、地面から出てくる茎に日光が当たりにくくなるからです。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

小豆

Q:煮ても柔らかくならない
A:「吸水孔」が開かなかったものと思われます
02.jpg

小豆には水分を吸収する微細な穴「吸水孔」があり、吸水孔が開かないと小豆は柔らかくなりません。柔らかく煮るには、鍋が煮立ったところで冷水を加え、温度差をつくって小豆に刺激を与えて吸水孔を開かせます。 また、小豆が踊らない程度の火加減で沸騰させ、その状態をしばらく保つと全体が柔らかくなります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

オクラ

Q:表面に黒カビのようなものがついている
A:風などで擦(す)れた傷です
02.jpg

ヘタの周りや角が黒くなっていることがありますが、これはカビではなく、風などで擦れてできたキズが変色したものです。召し上がっても問題はありませんが、目立つものは選別時に除去しています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

枝豆

Q:さやに黒いキズがある
A:風でさやがこすれたものです
01.jpg

強風などの影響でさやどうしがこすれ、黒ずんだようなキズができることがあります。見た目はよくありませんが、中の豆には影響はありません。全体的に茶色いキズがついている枝豆も同様です。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

エリンギ

Q:表面に産毛のようなものがある
A:きのこの菌糸です
p_f01.jpg

きのこ類は菌糸が繁殖してきのこに成長します。菌糸は、気温の変化や栽培条件などによって多く発生することがあります。産地でパック詰めした後は低温管理しておりますが、輸送時の温度変化による発生も考えられます。 青果セットセンターでの検品時に菌糸が多いものは取り除いていますが、今回は見落としてしまいました。食べても問題ありませんが、菌糸の多いものがございましたら、お申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

かぼちゃ

Q:表面にかさぶたのようなデコボコがある
A:かぼちゃがキズを修復した跡です
01.jpg

かぼちゃの表面にかさぶた状のデコボコがある場合があります。これは、実が小さい時に皮が擦れてできるキズを、かぼちゃの自然現象で修復した跡です。写真のように、広い範囲にあるものは選別時に除去していますが、多少デコボコのあるものはお届けしています。調理の際に削り取っていただければ問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

かぼちゃ

Q:皮が黄色い
A:日光が当たらなかったためです
01.jpg

かぼちゃは地面を這って成長するため、実が土と接している部分に日光が当たらず、緑色に色づかないことがあります。食味に変わりはありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

かぼちゃ

Q:煮たら白い粉のようなものが浮いてきた
A:かぼちゃに含まれるでんぷんです
p_f01.jpg

かぼちゃを煮詰めて煮汁が少なくなると、かぼちゃに含まれているでんぷんが水分と熱に反応して糊(のり)状になり、かぼちゃの表面に現れることがあります。この現象は、でんぷんを多く含むさつまいもなどでもよく起こります。安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

カラーピーマン

Q:パプリカとは違うの?
A:品種が違います
01.jpg

おなじみの青いピーマンは果肉が薄い品種で、未熟なうちに収穫したものです。これが熟し、赤や黄色になったものがカラーピーマンです。カラーピーマンは青ピーマン独特のにおいが少なく、生食向きです。 一方パプリカは、ピーマンと別の品種で、果肉が厚く、色は赤、黄、オレンジなどがあります。果肉がしっかりしているので煮物やいため物に、また甘みが強いのでサラダなどの生食にも向いています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

カリフラワー

Q:房の茎部分が紫色になっている
A:天候の影響です
01.jpg

カリフラワーは、ブロッコリーやキャベツなどと同じアブラナ科の野菜で、もともとアントシアン系の紫色の色素が含まれています。雨が降らなかったり、低温の日が続いたりすると、この色素が茎の部分に現れることがあります。品質には問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

キャベツ

Q:芯の方が上になって宅配容器に入っているのはなぜ?
A:原産地表示のシールがはがれないようにするためです
02.jpg

以前は、キャベツを袋詰めした後に袋に原産地を表示したシールを貼ってお届けしていましたが、省資源のために袋の使用をやめ、直接、原産地表示シールを貼るようにしました。シールに使用しているのりは召し上がっても問題はありませんが、貼る場所は食用にされにくい芯の部分としました。 芯の方を上にしているのは、シールがはがれないようにするためと、届いたときに表示がすぐにわかるようにするためです。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

キャベツ

Q:葉が紫色に変色している
A:気温が低くなると発生する自然現象です
01.jpg

キャベツをはじめ、ブロッコリーやカリフラワーなどのアブラナ科の野菜には、アントシアンと呼ばれる紫色の色素が含まれています。気温の低い時期や寒さにあたると、紫色に変わる現象が起きやすくなります。 キャベツは、外気に直接あたる外葉だけが紫色になっており、1枚むけば中は通常の緑色の状態です。ブロッコリーやカリフラワーは、ゆでるなど加熱すれば緑色に戻ります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

キャベツ

Q:中に花が咲いていた
A:「とう立ち」したためです

収穫前に気温の低い状態が続き、その後気温が高くなると、球状に巻いた葉の中で花芽をつけた茎が伸びることがあります。「とう立ち」と呼ばれ、気温が上昇する春の時期に発生しやすい現象です。 収穫時の選別、加工場での袋詰めの際に取り除くようにしていますが、外見からは発見しにくく、今回混入してしまったものと思われます。このような商品がございましたら、地域担当者または店舗の職員までお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

キャベツ

Q:ピリッと辛みを感じた
A:キャベツ由来の辛み成分です
01.jpg

キャベツや大根、ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜には、「イソチオシアネート」という辛み成分が含まれています。ゆでたりいためたりすると、この成分が分解され、苦みや辛みを感じることがあります。キャベツ自体に含まれている物質ですので、召し上がっても問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

きのこ類

Q:洗わなくても大丈夫?
A:大丈夫です
02.jpg

しいたけやエリンギ、ぶなしめじなどは、温度や湿度を管理した施設で栽培しています。農薬などの薬剤の使用はありません。また、収穫後は、衛生管理された作業場で袋詰め加工を行っていますので、洗わずに食べても問題ありません。気になる場合は、かたく絞ったキッチンペーパーなどでふいてからお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

きゅうり

Q:実の先端にごみのようなものが付いている
A:きゅうりの花です
01.jpg

収穫時、実の先に枯れた花がそのまま残っていることがあります。選別時に取り除いていますが、取り残してしまったものと思われます。指でつまんで取り除いてください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ブルームきゅうり

Q:「ブルーム」のないきゅうりが届いた
A:若い苗木のためと考えられます
01.jpg

ブルームは、植物が水分の蒸散を防ぐために自然に分泌する白い粉状の物質です。生育途中の若い苗木のきゅうりの場合、ブルームの出方にばらつきが生じ、白っぽくならないことがあります。品質上の問題ではありません。 ブルームはきゅうりのほか、ぶどうやりんごなどにも見られます。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

グリーンピース

Q:さやが黒く変色している
A:中の豆は問題ありません
01.jpg

春が旬のグリーンピース。4月頃の主な産地は鹿児島県ですが、降雪や低温、風によるこすれなどの影響で、さやが黒く変色する場合があります。ひどい変色は腐敗の原因となるため取り除いていますが、ほとんどの場合、さやが変色していても中の豆には問題ありません。安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

小松菜

Q:煮たら苦くなった
A:加熱時間が短く、苦み成分が残ったためです
p_f01.jpg

小松菜やキャベツなど、アブラナ科の植物は、もともと辛み成分を含んでいます。そのため、切ったり、煮たりすると細胞が壊れ、辛みや苦みとなって現れることがあります。栄養素を損なわないようにするには短時間で調理することがポイントですが、加熱時間が短すぎると辛み成分が苦みとなって残りやすくなります。 小松菜が本来持っている成分ですので、召し上がっても問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

さつまいも

Q:洗ったら、洗い水が青くなった
A:皮の色素です
p1.jpg

さつまいもの皮には「アントシアニン」という紫色の色素が含まれており、これが水に溶け出すことがあります。新物によく見られます。さつまいも由来の色素ですので、安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

生しいたけ

Q:すぐ黒くなります
A:生育期の雨によるものです

生しいたけがすぐ黒くなるのは、生育期に降る雨の量が影響しています。今回は雨により水分の含有量が多くなり、蒸れて傷みやすくなってしまったものと思われます。 生しいたけをご家庭で保存する時は、よく使う大きさに切って密閉容器に入れたり、ラップに包んで冷凍すると傷みの進行が抑えられ、使う時も便利です。使用する際は、凍ったまま調理できます。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

じゃがいも

Q:保管していたら皮が緑色っぽくなった
A:「クロロフィル」によるものです
p1.jpg

栽培中や保管中にじゃがいもが日光を浴びると、緑色のクロロフィル(葉緑素)が生成されます。緑色に変色した部分や発芽部にはソラニン類が多く含まれ、えぐみの原因となったり、摂取しすぎると腹痛や下痢を起こすことがあります。 保管の際は、日光の当たらない場所に置いてください。また加熱調理してもソラニンは完全にはなくならないため、緑色に変色した皮は厚めにむき、発芽部分は完全に取り除いてから調理してください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

じゃがいも

Q:中が黒い
A:生育障害です
01.jpg

生育期に日照不足や低温が続いたり、収穫前に雨が降って畑の水はけが悪くなったりすると、中心部が黒色や褐色に変色する生育障害が発生することがあります。外見では見分けがつかず、混入してしまいました。このような商品がございましたら、コープの担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

新じゃがいも

Q:芽が出てきた
A:温度の高い場所に保管していたためです
01.jpg

じゃがいもは、気温が高くなると発芽しやすくなります。「新物なのにもう芽が出た」などのお問い合わせをいただくことがありますが、保存状態により芽が出ることがあります。暗くて風通しのよい場所だと比較的長い期間保存できます。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

青首大根

Q:表面がえぐれている
A:虫による食害です
01.jpg

気温が高めに推移すると土中の虫の活動が活発になり、皮の部分を中心に食害が見られることがあります。被害の軽いものは取り扱っていますが、極端な食害やキズが深いものは選別時に取り除いています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

とうもろこし

Q:実が半分しか付いていなかった
A:うまく受粉できなかったためです
p_f01.jpg

悪天候などの理由から正常に受粉されないと、とうもろこしは実を付けることができません。収穫時や袋詰めをする際に、何本か皮をむいて実の付き具合を確認していますが、今回は見つけることができませんでした。 このような商品がございましたら、コープの職員にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

トマト

Q:青いトマトが届いた
A:天候不順や気温の変化などによるものです
01.jpg

気温の高い時期、トマトが熟し過ぎるのを防ぐために、産地では赤みが少し付いた状態で出荷します。通常はお届けしている間に熟しますが、例年よりも気温が低くなると熟すのが遅れ、青いままお届けしてしまうことがあります。また、栽培中に日差しの強い日が続くとヘタの部分が焼けてしまい、熟してもヘタの部分だけ青みが残る「ベースグリーン」になることがあります。   8月から9月にかけては、東北・北海道などの産地から関東近郊の産地へ移行する時期です。気温が安定して秋らしい気候になってくると品質も安定しますが、それまでは、若干青いものが混じる場合があります。極端に青いものや割れ、熟し過ぎのものは、選別時に取り除くようにしています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

不揃いトマト

Q:皮にチャックのようなキズがある
A:低温や土壌の養分バランスの影響を受けたためです
01.jpg

トマトはまず苗床に種をまいて苗を育てますが、そのときに低温であったり、畑で実を育てるときの土壌の養分バランスが偏っていたりすると、写真のようなキズが付く場合があります。こうしたキズは表面だけで、中身には問題ありません。安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ながいも

Q:なぜ紙に包んであるの?
A:においを和らげるためです
p_f01.jpg

ながいもは呼吸作用が活発です。呼吸によって発生したエチレンガスや二酸化炭素がアルコールを生成するため、紙袋に入れてお届けする場合があります。紙の場合は、包んだまま冷蔵庫に入れて保存してください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

なす

Q:表面が茶色く変色している
A:収穫前に擦れてできたキズです
02.jpg

地栽培のなすは風の影響を受けやすく、強風が吹くと実が枝に擦れ、キズがつくことがあります。見た目はよくありませんが、食味は変わりません。腐りや傷みにならない乾いたキズのなすは「不揃いなす」に使用しています。 なすの保存方法 なすは、5度以下で保存すると実が収縮してかたくなるので、冷暗所か冷蔵庫の野菜室で保存してください。乾燥にも弱いので、保存の際はラップで包むか新聞紙などに包み、ポリ袋に入れてください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ニガウリ(ゴーヤー)

Q:種が真っ赤だった
A:熟しすぎによるものです
p2.jpg

ニガウリは、収穫する時期が遅れたり、収穫後に時間がたったりすると、その間に熟しすぎて種が赤くなります。収穫時や加工時に選別を行いますが、外見ではわからないため、そのまま出荷してしまったものと思われます。このような商品がございましたら担当者にお申し付けください。   今後は、適切な時期に収穫するよう栽培管理を徹底してまいります。また、気温が上昇すると熟度が増すため、ご家庭ではポリ袋などに入れて冷蔵庫で保管することをおすすめします。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

にんじん

Q:しんが硬くて食べられない。外の皮もガサガサしている
A:「とう立ち」が原因です
p_f01.jpg

「とう立ち」は、植物が子孫を残すために花を咲かそうと、しんの部分から茎を伸ばす自然現象です。「とう立ち」したにんじんは、養分を取られてしんが硬くなり、中には木片化してしまうものもあります。 今回は、産地で低温が続いて生育に時間がかかったうえに、収穫期に気温が上昇したため発生したものと思われます。産地で収穫した際や選別、袋詰めの段階で取り除けず、混入してしまいました。このような商品がございましたら、コープの職員にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

にんじん(洗い)

Q:黒ずんでいる部分がある
A:温度変化によるものです
03.jpg

洗いにんじんは、収穫後にブラシで洗浄するため、表面の薄い皮がはがれることがあります。この状態で温度変化にさらされると、黒く変色してしまいます。特に気温が高い夏場に多く見られます。 青果品のセットセンターでは入荷時に一本ずつ検品を行っていますが、検品時に問題のないものでも、商品がご自宅に届くまでの間に黒ずみが発生する場合があります。軽めのものは表面の皮をむいて調理してください。黒ずみが気になるようでしたらコープの担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

新にんじん

Q:表面が白い
A:にんじんの薄皮です
02.jpg

にんじんは収穫後、汚れや土を落とすためにブラシを使った洗浄機で洗います。その際、表面にある白い薄皮もはがれ落ちますが、キズがつかないようにブラシの強さを調節しているため、薄皮が残るものがあります。気になる場合はピーラーなどでむいてお使いください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

にんにく

Q:紫色に変色している
A:にんにくの色素です
02.jpg

紫色に見えるのは、にんにく自身が持つアントシアンという色素です。品質や食味には問題ありません。 5月ごろから出回り始める初物のにんにくは水分が多く、袋のまま常温で保管するとカビや傷みが発生しやすくなります。袋から出して風通しの良いところで保管し、できるだけお早めにお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

軟白ねぎ(カット)

Q:切り口が伸びている
A:カットして数時間で成長してしまいます
01.jpg

ねぎ類はとても生命力の強い野菜で、左の写真はカットしてから1時間以内の物です。個体差はありますが、カットしてから3~5時間で5ミリ程度、中心部分が伸びてきます。カットしてから数日たった古いねぎではありませんので、ご了承ください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

葉もの野菜

Q:びしょびしょに濡れている
A:降雨や朝露によるものです
02.jpg

コープデリ宅配でお届けした葉もの野菜が水をかけたように濡れていることがあります。これは、露地栽培の野菜では収穫前や収穫時に降った雨で濡れてしまう場合があること、冷涼な高地で栽培するレタスやキャベツなどは、鮮度保持のため早朝に収穫することが多く、朝露が残ることがあるためです。また、ほうれんそうや小松菜などは、水分蒸散による枯れや変色を防ぐため、収穫直前に散水する場合があります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ブロッコリー

Q:紫色に変色している
A:気温の変化によるものです
02.jpg

寒さにあたると、ブロッコリーに含まれるアントシアニンという色素によって表面が紫色になることがあります。品質や食味には問題ありません。紫色のブロッコリーはゆでると緑色になります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ブロッコリー

Q:表面がまだら模様になっている
A:「キャッツアイ」という生理現象です
01.jpg

ブロッコリーのドーム状の食べる部分は「花蕾(からい)」と呼ばれるつぼみの集まり。温度変化の影響で花蕾の生育スピードにバラツキができ、生長の遅れた部分が黄色く残り、宝石のキャッツアイ(猫の目)のように見えることからこのように呼ばれます。召し上がっても問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ブロッコリー

Q:ブロッコリーの入った袋に水が入っている
A:冷やすための氷が解けたものです
02.jpg

夏場に収穫するブロッコリーは、産地で発泡スチロールの箱に氷詰めにされて運ばれます。低温に強い野菜で、氷温に近い温度でも傷むことはなく、ちょうど冬眠したような状態になるので鮮度を維持することができます。 今回は、青果品の物流センターでブロッコリーを宅配用の小袋に入れる際、小さな氷と溶けた水が袋に入ったものと思われます。品質に問題はございません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ブロッコリー

Q:苦い味がする
A:ブロッコリーの苦み成分によるものです
02.jpg

ブロッコリーなどのアブラナ科の植物には、「イソチオシアネート」という辛み成分が含まれています。ゆでたり炒めたりすると、この成分が分解され、苦みや辛みを感じることがあります。植物由来ですので、召し上がっても問題はありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ほうれんそう

Q:葉先が黄色い
A:寒さの影響です
02.jpg

ほうれんそうなどの露地栽培の葉物は、寒さで霜が発生すると、葉先が黄色くなったり色が薄くなる場合があります。極端な色合いのものは取り除きますが、わずかな変色は食味に問題がないので、出荷する場合があります。その際は、事情を説明したシールを貼ってお知らせしています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

サラダ用ほうれん草

Q:虫の卵のようなものが付いていた
A:栽培用の人工石(ロックウール)でした
p_f01.jpg

ロックウールは、岩石を溶かして圧縮した粒状の人工石です。土の代わりとして水耕栽培に使用され、サラダ用ほうれん草の栽培にも使用されています。今回は、収穫後の洗浄が不十分だったため、ロックウールが取り除けなかったものと思われます。 水で洗い流してご使用いただければ問題ありません。今後は産地での洗浄・選別を徹底します。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

CO・OPもやし

Q:原材料の緑豆が中国産なのはどうして?
A:緑豆の生産が日本では難しいためです
g_f01.gif

「CO・OPもやし」はもやしの原料となる緑豆を中国から輸入し、栃木県や埼玉県で栽培しています。緑豆の生産は日本の気候に適しておらず、生産に適した中国で作られています。 農産品の原産地表示を定めているJAS法では種子の原産地表示までは義務づけていませんが、コープではパッケージの裏面で、緑豆の原産地もご案内しています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

レタス

Q:葉の間に土が入っている
A:生育期に強風が吹き、畑の土が入ったためです
p_f02.jpg

レタスは、葉が中心部から球状に重なり合うことで大きくなります。今回は、2月中旬に各産地で吹き荒れた強風により、畑の土が生育期のレタスの葉の間に入り込んでしまったことが原因と思われます。内部に混入した土は外見から判別しにくく、産地での選別や袋詰めの際に発見できない場合があります。 検品を強化していますが、このような商品がございましたら、調理時によく洗って土を流してからご使用ください。水洗いしても土が落ちない場合は、コープデリの地域担当者や店舗職員までお申し付けください。 葉が球状に巻き始める前に、畑の土が入り 込んでしまうことがあります

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

れんこん

Q:節の部分に白いものが付いている
A:でんぷんです
01.jpg

れんこんの切り口や節の部分に白い物が付着していることがあります。これは、れんこんに含まれるでんぷんが表面に出てきたものです。カビなどではありませんので安心してお召し上がりください。 また、れんこんの表面が黒くなっていることがありますが、土中の鉄分とれんこんに含まれるタンニンが反応してできるものです。品質には問題はありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

野菜の害虫

Q:キャベツ、レタスにアブラムシやナメクジが付着していた
A:暖冬で虫が多く発生してしまいました

農産物にはさまざまな害虫が発生しますが、農薬を適正に散布するなど栽培管理の強化に取り組むことで被害を防いでいます。しかし、今年は暖冬の影響でキャベツやレタスなど農産物全般にわたり例年よりも多く発生してしまいました。 今後は、収穫時の選別や商品セット時の目視点検を強化するとともに、農薬の使用量の削減を追求しながら、生産者とともに害虫防除のための栽培技術の向上にも努めてまいります。また、害虫による傷みのひどいものがございましたらお申し付けください。 紙に包んだまま冷蔵庫に入れると、ビニール袋と同じように保存できます。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

果物

なし

Q:果肉が透明に変色しています
A:「蜜症」によるものです
201808_02qa_pear.jpg

「蜜症」とは、りんごに入る「蜜」と同じ現象です。りんごの場合はおいしさの指標になりますが、なしの場合には、蜜入りの果実はその部分が透明になり傷みにつながってしまいます。見た目では判断が難しいことから混入してしまう場合があります。このような場合には、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

もも

Q:食べたら口の中がピリピリし、しびれたような感覚がありました
A:「ポリフェノール」の渋味や苦味です

ポリフェノールはお茶に含まれるカテキンやタンニンなどと同類で、渋味や苦味を感じさせます。未熟なももにはポリフェノールが多く含まれ、渋味や口の中にしびれるような刺激を感じます。このような場合には、担当者にお申し付けください。また、ももを切ってしばらく置くと、茶色く変色するのも、このポリフェノールによるものです。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

パイナップル

Q:パイナップルにゴマのようなものが入っています
A:パイナップルの種です
201807_02qa_pain.jpg

私たちが食べているパイナップルは同品種間では受粉しない性質のため、通常の栽培では種はできません。しかし、まれに昆虫などの媒介により、遠くに植えられている異なった栽培種とのあいだで受粉が行われ、種ができることがあります。取り除いてお召し上がりいただくことはできますが、気になる場合には担当者へお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

柑橘類(グレープフルーツなど)

Q:食べたら苦かったのですが
A:「リモノイド」と呼ばれる苦みのもととなる成分の影響です

グレープフルーツなどの柑橘類は、果皮や内部の袋に「リモノイド」と呼ばれる苦みのもととなる成分が多く含まれています。そのままの状態では苦くはありませんが、果実を冷やしすぎたり強い力で搾られたりすると、細胞が壊れて水溶性に変化し、苦みを感じるようになります。今回、生育中や輸送段階などが低温であったために苦みが強くなったものと思われます。このような場合には、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

グレープフルーツ

Q:ルビー種を購入しましたが、果肉が白っぽいです
A:ルビー種のひとつである、薄いピンク系のロゼ種をお届けしたためです
201805_02qa_grapefruit.jpg

ルビー種には、濃い赤色のスタールビー種・フレーム種・リオレッド種と、薄いピンク系のロゼ種があり、色の濃さが異なります。また、同じ品種でも収穫時期などによって色の差が出ます。ロゼ種が多く流通する時期には、宅配カタログでは薄いピンク系のグレープフルーツの写真を掲載するようにしていますが、産地での集荷状況により若干ずれる場合があります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

いちご(不揃い)

Q:宅配で、2個くっついたような形のいちごが届きました
A:変形でも食味に問題のないものをお届けしています
201803_01qa_strawberry.jpg

見た目は良くなくても食味に問題のないいちご・トマト・きゅうり・にんじんなどは、生産者が作ったものをできるだけ無駄にしないため、「不揃い」としてお届けしています。
トマトの場合は変形具合や大きさ、きゅうりは曲がり具合や長さ・太さ、にんじんは先割れ・傷・変形具合や大きさなどから、出荷できるかどうかを判断しています。
「不揃い」と表記のある商品は、このようなものである場合があります。ご理解いただきますようお願い申し上げます。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

はるみ

Q:見た目がデコポンのようです
A:デコポンと同系統の品種のため、見た目が似る場合があります
201802_03qa_harumi.jpg

「はるみ」は清見オレンジとぽんかんを交配してできた新品種です。デコポン(品種名「不知火(しらぬい)」)もぽんかんの品種違いの同じ交配種で、はるみはデコポンの妹品種ともいえます。皮がむきやすく小袋ごと食べられ、みかんに近い食べやすさと風味、オレンジの香りが感じられます。デコポンとは同系統のため、見た目が似る場合があります。はるみにも「デコ」ができることもあれば、「デコ」のないデコポンになることもあります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

蜜入りりんご

Q:蜜入りりんごなのに、蜜が入っていません
A:目に見える蜜ではありませんが、果肉に十分糖のある状態です
201612_04qa_apple.jpg

りんごの蜜は、蜂蜜のようにその部分が甘いわけではありません。葉から送られた栄養分が糖の一種に変わったもので、これ以上甘味に変換しなくても良いという状態までりんごが完熟すると、余った栄養分が「蜜」になります。この蜜は時間が経つと果肉中に分散してしまうことがあります。
なお、「蜜入り」でご案内しているりんごは、産地で蜜入り(糖度)のセンサーを通し合格したものを出荷しています。しかしこのセンサーは、表面から光を当てて糖度を測るため、糖分が果肉中に分散してしまった場合でも蜜入りと判定する場合があります。このときは目に見える蜜ではありませんが、果肉に十分糖のある状態ですので、ご了承ください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

シャインマスカット

Q:皮が黄色いです
A:完熟した状態です
201710_01qa_masukatto.jpg

シャインマスカットは、甘味が強く大粒で皮ごと食べられる、人気の高いぶどうです。はじめはマスカット特有の黄緑色をしていますが、完熟するにつれて、皮が黄味がかってきます。皮が黄色くなるほど甘味も増しますので、安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

なし

Q:切ったら、芯の部分が茶色くなっていた
A:病害によるものです
201709_01qa_nasi.jpg

このなしは、「芯くされ症」の被害果でした。この病害は開花後に菌が入り、果実が大きくなる段階で芯の部分に症状が出ます。切ってみないと分からないため、外側からの検品では発見できずお届けしてしまいました。このような商品を手にした場合は、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

平たねなし柿

Q:皮が青いです
A:天候の影響により、色付かなかったためです
201709_02qa_kaki.jpg

柿は、昼夜の寒暖差によって色が付きますが、夜の気温が高すぎる場合、果肉の熟度は進んでいるのに、着色が進まないことがあります。産地では、サンプルの試し割りを行い、糖度が高くなったものから収穫します。その後渋抜き処理をし、抜き取りで食味を点検してから出荷しています。果肉は熟しておりますので、お召し上がりいただけます。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

すいか

Q:食べたら薬のような味がして、舌がしびれました
A:過熟により糖分が発酵したためと思われます
201708_02qa_suika.jpg

収穫時に過熟状態だったために糖分が発酵してしまったものと思われます。果物に含まれる糖分が発酵すると、アルコールと二酸化炭素などに分解され、苦味や渋味、ピリピリとした刺激を感じることがあります。ガスが発生したり、泡が出たり、果実が爆発するように割れてしまうこともあります。
産地では受粉からの日数を目安にして収穫をしています。同時期に受粉したものは収穫時期も同時期になりますが、果実により生育が進みすぎる場合があります。生産者は一個一個の果実を見て収穫をしていますが、今回は過熟状態で収穫してしまったものと思われます。このようなものを手にされた場合には、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

もも

Q:苦いです
A:未熟であることが原因です
201707_01qa_momo.jpg

ももには、タンニンという苦味成分が含まれていますが、成熟し糖分が増すと苦味や渋味を感じなくなります。しかし、未熟なものを食べた場合、残っている苦味成分を感じることがあります。この成分は果物などに多く含まれる天然成分で、召し上がっても体に差し支えはありませんが、このような場合には担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

バナナ

Q:皮が大きく縦に裂けています
A:バナナが育ち過ぎたか、温度や湿度の影響によるものです
201707_02qa_banana.jpg

これは「果皮割れ」と呼ばれる状態で、生育時にバナナが育ち過ぎてしまった場合や、保管時に外の気温と室内の温度や湿度の差が大きいときに発生しやすいといわれています。空気が乾燥していると、果皮の水分が奪われて縮みます。果実部分は縮まないため、少しの衝撃でも果皮の割れにつながります。また熟して果皮が割れることもあります。このような商品がお手元に届いた場合には、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

メロン

Q:メロンの外側が黒く汚れています
A:メロンの樹液が付着したものと思われます
201706_02qa_meron.jpg

収穫する際、メロンのつるを切ると樹液が出てきます。メロンに樹液が付着した際は、拭き取っています。収穫後、流通過程でも樹液が出てくることがあり、今回は樹液が出てきて付着してしまったことと思われます。果実には問題ありませんので、安心してお召し上がりください。気になる場合には担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

カット済パイナップル

Q:食べたところ、口の中がぴりぴりして痛くなり、唇・舌が赤くなりました
A:パイナップルに含まれる成分(酵素)が強い個体だったことが原因と考えられます

パイナップルにはブロメリンという酵素が含まれており、これは刺激味のあるたんぱく質分解酵素です。果実が未熟気味の場合、強く感じられ舌がぴりぴりしたり、口の中が荒れ、痛くなる場合があります。加熱すると感じられなくなり、パイナップルの缶詰は加熱処理してあるため、この状態にはなりません。
パイナップル以外に、キウイフルーツ、パパイヤ、メロンなどにも同じ働きのたんぱく質分解酵素が含まれており、同様のことが起こる場合があります。体調や体質にもよりますのでご注意ください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

せとか

Q:苦い
A:かんきつ類に含まれる酸味・苦味の成分によるものです
201703_02qa_setoka.jpg

せとかをはじめ、オレンジ、グレープフルーツ、カラマンダリン、甘夏、はっさくなどには、色素成分の一種である「ナリンギン」が含まれています。本来「ナリンギン」は、水溶性で果汁・果皮の水分中に溶け込んでいます。しかし、まれではありますが、低温にさらされることにより「ナリンギン」が結晶化し、強い苦味やしびれとなって出ることがあります。せとかは、他のみかんに比べて収穫時期が遅く、低温の影響を受けやすいことも苦味につながるようです。召し上がっても体に影響はありませんが、食味は低下しますので、お気付きの際には、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

バナナ

Q:真ん中が黒くなっていました
A:「モキリオ病」の被害果です
201702_02qa_banana.jpg

バナナの花が咲いた後、花びらが落ちたところから雑菌が入り、果肉に赤褐色や黒色の硬い筋が現れたり、中が空洞になる症状を「モキリオ病」といいます。
黒い部分は樹脂の固まりなので体への影響はありませんが、樹脂特有のえぐみなどがあり、食味が悪くなります。産地の選果場や国内の加工場で、傷や傷みなどの検品を行っていますが、表面に症状は出ないため、お届けしてしまいました。このような商品が届いてしまった場合には、担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

キウイフルーツ

Q:中にとがった堅い木片が入っていました
A:ヘタに自然発生するものです
201610_01qa_kiwifruit.jpg

この部分は、キウイフルーツの枝やツルの部分が成長したものです。野菜や果物は収穫後も成長が続くことがあり、組織の一部が、木のような素材に変化してしまう場合があります。
キウイフルーツの自然現象ですので、取り除いてお召し上がりください。

201610_02qa_kiwifruit.jpg

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

りんご

Q:皮の表面がヌルヌルしています
A:りんごが分泌するワックス(ろう物質)です
201610_05qa_ringo.jpg

りんごは熟すと、乾燥や雨から実を守るため、表面からワックス(ろう物質)を分泌します。これは、果皮に含まれているリノール酸やオレイン酸などで、増加すると表面がヌルヌルしてきます。特に「つがる」や「ジョナゴールド」「シナノスイート」はワックスが多い傾向があります。そのまま召し上がっても問題ありませんので、ご安心ください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

巨峰(種なし)

Q:種なしのはずが、一部に種が入っていました
A:種なしにする作業が不十分だったためです
201609_01qa_kyohou.jpg

種のないぶどうを作るには、花が満開のとき、ぶどうが持っている植物ホルモンの「ジベレリン」を溶かした水溶液に、ぶどうを一房ずつ浸す作業を行います。
産地では満開の時期を見計らって作業していますが、同じ木でも、花が満開になるタイミングは房ごとに違い、作業のタイミングがずれてしまうことがあります。このため、種のある巨峰ができてしまったものと思われます。
コープデリ宅配の商品案内『ハピ・デリ!』では、「まれに種が残る場合があります」とご案内していますので、ご了承ください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

メロン

Q:大きなヒビが入っています
A:天候の影響によるものです
201606_02qa_meron.jpg

メロンの網目模様は、肥大する過程で皮の成長が追いつかず、表面がヒビ割れることでできます。しかし、今回は、天候の影響により果実の肥大が急だったため、網目模様にならず、大きなヒビが入ったものと思われます。
食味には問題ありませんので、安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

グレープフルーツ(ルビー種)

Q:前に購入したものより皮が厚いです
A:産地の気候による違いです
201605_04qa_grapefruit.jpg

コープデリ宅配で取り扱っているグレープフルーツ(ルビー種)は、旬の時期を追って、晩秋から春まではフロリダ産、その後カリフォルニア産、そして南アフリカ産のものになります。
5月ごろから取り扱い始めるカリフォルニア産のグレープフルーツは、気候の特性として雨量が多く、夜、温度が低いため、全体的に皮が厚めで硬く、酸味が強くなる傾向があります。また、同じカリフォルニア産でも、農園や木、熟度などの違いによって、皮の厚さが異なります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

りんご(ふじ)

Q:洗濯物の生乾きのようなにおいがします
A:貯蔵している箱や貯蔵庫のにおいが移ったものです
201604_02qa_ringo.jpg

この時期のりんごは、昨年収穫したものを専用の貯蔵庫で保管し、順次出荷しています。長期間保管していると、まれに貯蔵庫や、貯蔵に使用している木箱のにおいが移ることがあります。においはりんごの表面に付いているため、袋を開け、しばらく風通しの良いところに置いておくと気にならなくなります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

りんご

Q:皮にナイフで切ったような傷があります
A:霜の影響によるものです
201601_01qa_ringo.jpg

りんごは、つぼみや開きかけの花に霜があたると、皮の生育が妨げられ、表面に線状のかさぶたのような傷ができることがあります。味に影響を与えるものではございませんので、安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

いちご

Q:何個もつながったような形をしているのはなぜですか?
A:栄養状態が良いと、果実が変形しやすいといわれています
201601_03qa_itigo.jpg

成長段階で、栄養分である窒素が多いときや、茎や葉が伸びる勢いが強いとき、比較的気温が高いときに、鶏のとさかのような形の大きないちごができやすいといわれています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

Q:果肉の黒い部分は何ですか?
A:柿由来のタンニンという成分だと考えられます
201511_01qa_kaki.jpg

柿には、渋みのもとであるタンニンという成分が多く含まれています。タンニンはポリフェノールの一種で、茶色や黒色をしています。渋抜きをすることで、渋みを感じない成分に変化していますので、安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

りんご(葉取らず)

Q:色付きにムラがあるのはなぜですか?
A:葉の陰になっていたためです
201510_01qa_ringo.jpg

りんごは通常、果実周辺の葉を取り除いて、果実全体に日を当て、色付きが良くなるように栽培しています。しかし、「葉取らず」のりんごの場合は、葉で作った養分を実に送り込むために、葉を取り除かずに栽培しています。そのため、色付きにムラが出てしまう場合があります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

巨峰(種無し)

Q:種無しのはずが、一部に種があるものがありました
A:ジベレリン処理の効果が不十分だったためです

種のないぶどうを作るには、開花期に「ジベレリン処理」という作業を行います。このジベレリンとは、ぶどうがもともと持っている植物ホルモンで、これを溶かした水溶液にぶどうを1房ずつ浸すと、種無しのぶどうが育ちます。
巨峰の種無しも、ジベレリン処理を花が満開のときに行う必要がありますが、同じ木でも、花が咲くタイミングは房ごとに違い、処理のタイミングがずれてしまうことがあります。そのため、ジベレリン処理の効果が十分に発揮されなかった房ができたと思われます。
産地でも満開の時期を見計らい、作業を行っていますが、商品案内の『ハピ・デリ!』では、「基本は種なしですが、まれに種が残る場合があります」と説明してご案内しています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

グレープフルーツ

Q:皮の表面に白い粉が付いている
A:糖度を上げるために塗布した成分です
201507_01qa_gf.jpg

産地では、グレープフルーツの品質(主に糖度)を上げるために、食品にも使われている「ケイ酸マグネシウム」または「カルシウム剤」を加えた液状の肥料を散布します。2,000倍ほどに希釈されている上、雨水などでも流されますが、果実の凹んだ部分にたまり、白い粉として残ってしまうことがあります。無害ですので、口に入れても問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ゴールドキウイフルーツ

Q:果肉が黄緑色で、普通のキウイフルーツに見える
A:未熟な状態のものと考えられます

ゴールドキウイは、収穫前に硬さ、糖度、果肉や種の色のサンプル検査を行い、収穫基準に達した園地から収穫を始め、追熟させてから出荷します。しかし、果実によって個体差が出ることがあり、収穫基準に満たないまま収穫されてしまうことがあります。このようなキウイは、グリーンキウイのように、果肉が緑色で、酸味の強い味になります。このようなキウイがあった場合は、コープの担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

メロン

Q:苦味があって、口がしびれた
A:ウリ科特有の成分によるものです
201507_02qa_meron.jpg

メロンの苦味は、メロンが本来持っている「ククルビタシン」という成分によるもので、未熟や過熟のものに多く含まれます。コープでは、産地と協力して、適期に収穫したものを取り扱うようにしていますが、ククルビタシンの多いメロンが生じてしまう場合があります。人体への影響はありませんが、このようなメロンがあった場合は、コープの担当者にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

オレンジ

Q:食べたら、くちびるがしびれた
A:かんきつ類に含まれる成分によるものです
201505_02qa_orenji.jpg

かんきつ類には「ナリンギン」という酸味・苦味の成分のある成分が含まれています。本来は果汁・果皮の水分中に溶け込んでいますが、樹上または貯蔵中、低温にさらされることにより、まれに結晶化し、苦味やしびれとなって出てきます。人体に影響はなく、召し上がっても問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

デコポン(不知火(しらぬい))

Q:「デコ」がない
A:味は変わりません
02.jpg

デコポンの特徴である「デコ」は、昼夜の温度変化や木の性質によって、大きくなったり小さくなったりしますが、味は変わりません。 デコポンは、ほかのかんきつ類に比べ、木になっている期間が長く、天候の影響を受けやすい果実です。外皮の傷やざらつきが目立つもの、やわらかいものは「天候被害果」として販売しています。こちらも味に変わりはありません。

201502_qa_dekopon.jpg

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ゆず

Q:皮にキズがある
A:ゆずの木のトゲで皮が擦(す)れたためです
02.jpg

ゆずはかんきつ類の中でもトゲの多い品種です。生育中にトゲによって皮が擦れると黒いキズが付いて硬くなり、かさぶたのような状態になります。キズが全くないゆずはほとんどありません。 風呂に入れる冬至用のゆずについては、多少のキズの場合は出荷しています(写真)。年末年始に使用する調理用ゆずは、キズの個数や程度の使用基準を決めて出荷しています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

りんご

Q:農薬が気になります。皮ごとジュースにして飲んでもよいですか
A:問題ありません

りんごは皮ごと食べる方もいるため、皮ごと食べても問題ないように農薬の残留基準を設定し、農薬の使用方法を定めています。皮ごとジュースにしても問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

市田柿(干し柿)

Q:表面に黒い点がある
A:タンニンです
p1.jpg

柿に含まれる渋み成分のタンニンは、空気中の鉄の微粒子と反応してタンニン鉄になり、黒や青っぽい点のようになります。自然由来の現象ですのでお召し上がりいただいても問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ぶどう

Q:ぶどうの表面に付いている白い粉は何?
A:果実自身が作り出すろう物質です
g_f01.gif

白い粉は「ブルーム」といいます。果実自身が作り出すろう物質で、雨水から身を守り、水分の蒸発を防ぐために発生させているといわれています。ブルームがまんべんなく付いているぶどうは鮮度が良い証拠。食べる直前まで洗い流さないようにしましょう。 ブルームは食べても大丈夫です。ぶどう以外では、きゅうりや柿などにも見られます。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

メロン

Q:メロンは冷蔵庫で保存すればいいでしょうか
A:まだかたく、香りが弱いものは冷蔵庫でなく、常温で保存してください
201408_qa_meron.jpg

メロンは収穫後、追熟させて食べるものです。低温下では追熟せず傷みを早めてしまいます。お尻を押してみて少し弾力を感じるようになるまでは常温で置いておきましょう。底の部分が少し柔らかくなったら食べ頃です。食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

キウイフルーツ

Q:ゼラチンを溶かした中にキウイを入れてゼリーを作ろうとしたら、固まりませんでした
A:生のキウイなどにはゼラチンを分解する酵素が含まれています
201407_qa_kiui.jpg

ゼラチンはたんぱく質でできているため、キウイフルーツやパイナップル、いちじくなど、たんぱく質を分解する酵素を含む果物を生のまま入れると、うまく固まりません。果肉や果汁に火を通し、酵素が働かないようにしてから入れるといいでしょう。缶詰や瓶詰など、加熱してある果物を利用する方法もあります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

キウイフルーツ

Q:硬いものをやわらかく、おいしく食べるにはどうしたらいいですか
A:りんごやバナナと一緒に袋に入れてください
201312_qa01yasai.jpg

キウイは樹上で熟さない果物です。収穫後に追熟をして、はじめて甘くおいしいキウイに変身します。一般的には、追熟処理をしたものを市場に出荷していますが、中には十分に追熟できていないものが店頭に並ぶこともあります。その場合は、りんごやバナナと一緒に袋の中に入れ、室温で置いておくなどしてください。りんごなどが発生するエチレンガスには熟成を促進させる作用があります。袋には、少し穴をあけてキウイが呼吸できるようにしてください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

無袋つがる(天候被害果)

Q:天候被害果とはどんなものでしょうか
A:果皮にスレキズやサビ、くぼみ、変形があるものです
201311_qa02yasai.jpg

天候の影響(主に台風など)ですが、食味に変わりはありません。

サビ…春の霜害などによりツル付近が茶色く変色すること
スレキズ…枝や葉の擦れなどで果皮の表面が傷つくこと

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

バナナ

Q:夏でもバナナは常温で保存した方がよい?
A:直射日光を避け、涼しい場所で保存してください
02.jpg

バナナは熱帯性の果物なので、冷蔵庫などの寒いところが苦手です。直射日光を避けた日陰で風通しの良いところや、涼しい部屋で保存してください。冷蔵庫や冷房の風が直接あたる場所は避けてください。 「どうしても余ってしまって…」という時は、バナナが十分黄色くなってからビニール袋に入れて口をしっかり閉め、冷蔵庫の野菜室で保存する方法があります。その場合、皮は黒くなってしまいますが、果肉はみずみずしさを保っています。また、皮をむいて一本ずつラップに包み、冷凍バナナにして食べてもよいでしょう。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

南高梅

Q:南高梅表面が赤い
A:日光を浴びると赤くなります
01.jpg

南高梅は、収穫前に太陽の光を十分に浴びると、赤い色になります。熟しすぎや古いものではありません。赤色の梅は、産地では紅が差した状態と呼んでおり、中には「紅南高」として販売されることもあります。個体差で赤くならない場合もあります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

オレンジ

Q:皮の一部が緑色だった
A:クロロフィルによるものです
p2.jpg

収穫前、色づいていても果皮の中に緑の色素「クロロフィル」 が残っていることがあり、気温が上昇すると果皮が緑色になることがあります。味は変わりませんので、お召し上がりいただいても問題はありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

オレンジ

Q:ヘタが緑色になっている
A:回青(かいせい)現象です
02.jpg

果実が熟した後、気温が上がると再び成長し、葉緑素が作られます。このため、ヘタが緑色に変色します。味に問題はありませんが、色の濃いものは選別過程で取り除くようにしています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

Q:皮に黒いキズがたくさんある
A:風による擦れや生理現象です
01.jpg

実の果頂部分(ヘタの反対側)が割れたり、皮が黒く変色しているものがありますが、これは皮が風でこすれたり、柿の生理現象によって黒くなるものです。全量を検品し、軟らかくなっていなければ基準内として出荷しています。 写真のように、皮をむけば中の果肉に影響がないことがわかります。食味は変わりません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

キウイフルーツ

Q:白い綿のようなものが付いている
A:「カイガラムシ」の分泌物です
img_01.jpg

カイガラムシは多くの植物に発生し、植物の養分を吸い取ってしまう病害虫です。白い綿状の物質は、カイガラムシの体の表面を覆っている分泌物で、これがキウイフルーツに付着したものと思われます。 キウイフルーツには果皮に細かな産毛がたくさん生えており、付着した分泌物を取り除こうとするとキウイフルーツを傷めてしまうため、ごく少量の付着の場合はそのまま出荷しています。食べる時に取り除いていただいてお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

グレープフルーツ

Q:皮の一部が赤い
A:実どうしが擦れたためです
01.jpg

グレープフルーツは、名前(グレープ=ぶどう)のように房状になって生育します。そのため、隣りの実と接している部分が擦れて赤っぽい色になることがあります。品質や食味は変わりません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

グレープフルーツ

Q:内皮の断面に白いカビのようなものがある
A:苦み成分(ナリンギン)です
p1.jpg

「ナリンギン」は、グレープフルーツや夏みかんなどの果皮に多く含まれ、かんきつ類特有の苦みのもとになっている成分です。本来は果汁や果皮に溶け込んでいますが、ごくまれに結晶化して白く現れることがあります。品質や風味に影響はなく、お召し上がりいただいても問題はありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

グレープフルーツ

Q:酸味が強く、食べた時に口がしびれた
A:苦み成分の「ナリンギン」の影響と思われます
p_f01.jpg

グレープフルーツには独特の苦みがあります。この苦みの成分は、「ナリンギン」というもので、夏みかん、ぶんたん、はっさくなどにも含まれています。  今回はこの含有量が多かったために、刺激を強く感じられたものと思われます。まれに口がしびれたりヒリヒリしたりすることがありますが、「ナリンギン」はグレープフルーツに含まれている成分ですので、安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

たんかん

Q:キズや黒い点がたくさんある
A:強風で枝や葉が果実にこすれたものです
01.jpg

たんかんは、鹿児島県や沖縄県など、暖かい地域で栽培されています。周囲を海に囲まれているため、年間を通じて風が強く、また台風などの影響によって外皮に枝葉がこすれてできる「スレ傷」がつきやすくなります。見た目はよくありませんが、果肉には問題ありません。商品の特徴ですのでご理解ください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

たんかん

Q:食べたら苦い
A:苦み成分「ナリンギン」によるものです

ナリンギンは、たんかんをはじめ、夏みかんやグレープフルーツ、ぶんたん、はっさくなどのかんきつ類に含まれる成分です。この含有量が多かったために、刺激を強く感じられたものと思われます。まれに口がしびれたりヒリヒリしたりすることがありますが、果実由来の成分ですので、お召し上がりいただいて問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

バナナ

Q:皮に黒い粘着物がある
A:バナナの樹液です
02.jpg

皮に付いた黒いタール状のネバネバした物質は、バナナの房をカットした時に出る樹液です。付着量の多いものは選別時に除去しています。品質上は問題ありませんので安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

バナナ

Q:バナナの先が白い
A:花弁(花びら)です
p2.jpg

バナナは収穫後、水槽に入れて皮に付着した汚れなどを洗い流しますが、花弁が繊維状に残ってしまうことがあります。また、バナナが傷ついてしまうため、花弁を完全に取り除くことができません。ご了承ください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

バナナ

Q:コープのバナナは「防カビ剤」を使っているのですか
A:使用していません
p_f01.jpg

コープで取り扱っている園地指定バナナは、収穫後の防カビ剤を使用していません。 また現在では、一般に流通しているバナナも同様に使用していないため、 『ハピ・デリ!』でも「防カビ剤不使用」と表示していません。 コープの園地指定バナナは、定期的に職員が産地を訪れ、農薬使用の有 無、使用する場合は適正に農薬が使用・管理されているか、肥料の確認、 栽培環境、加工作業、流通経路などについて調査・確認を行っています。 また、残留農薬検査も計画的に実施しています。 「園地指定フィリピンバナナ」と「園地指定高原バナナ」は、通常の栽培 に比べて農薬使用量を50%以下で栽培しており、「園地指定メキシコバナナ」と「園地指定エクアドルバ ナナ」は、栽培時に化学合成農薬を使用していません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

みかん

Q:皮にキズがある
A:強風によって擦れたキズです
02.jpg

強風にあおられると、枝など表皮が擦れてキズができることがあります。こうしたキズは皮の表面だけで、中身や食味には影響はありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

みかん

Q:皮が水ぶくれのようになっている
A:「水腐れ」です
02.jpg

みかんは、熟して糖度が高くなると果皮が水分を吸収しやすくなります。多くの水分を含むと果皮の中にある組織が壊され、水腐れになります。小さな水腐れでも1日もしないうちに全体に広がり、カビが生えることがあります。選別・包装作業時に取り除くようにしていますが、このような商品がございましたら、コープの担当者にお申し付けください。 みかんは、箱や袋に入ったままにしておくと熱がこもり、蒸れて傷みやすくなります。早めに取り出して風通しのよいところで保管し、なるべくお早めにお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

みかん

Q:表面がデコボコしている
A:水不足によるものでした
p_f01.jpg

生育中に水不足になると、果実の水分が木に戻ってしまうことがあり、今回は果実の水分が減少して皮に凹凸のあるみかんが多く発生しました。糖度は比較的高い数値でしたが、酸味が強く、甘みは薄く感じられる程度のものでした。 今後は、産地の選果場での選別を強化するとともに、青果集品センターに入荷後の食味点検をより厳しく行います。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

みかん

Q:外皮に白い粉が付いていた
A:肥料(液体)が乾燥したものです
p_f01.jpg

みかんの栽培時、炭酸カルシウムなどを肥料として散布することがあります。肥料はやがて雨水などで流されてしまいますが、果実がくぼんでいると肥料がたまり、乾燥して白く残ってしまいます。 今回のみかんは、果実の汚れを落とすブラッシング作業を行わない商品のため、外皮に炭酸カルシウムが残ってしまったものと思われます。無害ですので召し上がっても問題はありません。 今後は、産地での栽培管理や選別作業を徹底し、青果集品センターでも果実のふき取り作業を強化します。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

みかん

Q:水分がなくパサパサしている
A:気候の影響により、水分が蒸散したためです
p_f01.jpg

栽培中の気温が低いためにみかんが凍ったり、逆に気温が20℃を超える日が続くと、水分が蒸散する「すあがり」が発生することがあります。昨年は、夏の猛暑だけでなく、収穫前に気温の高い日が続いたため、みかんの品質にバラツキが生じてしまいました。 畑ごとに抜き取り検査を行った上で出荷していますが、見た目での判別が難しいため、産地選果場やコープの青果集品センターでも除去しきれなかったものと思われます。 「すあがり」のひどいものがありましたら、地域担当者または店舗職員にお申し付けください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

みかん

Q:つやがあるのはワックスによるもの?
A:品質保持のため、一部のみかんに皮膜剤を使用しています
p_f02.jpg

9月から11月に出回る極早生(ごくわせ)、早生(わせ)品種の一部のみかんは皮が薄く、収穫後に水分の蒸発が著しく起こります。その乾燥からみかんを守るため、エチルアルコールやシェラック(カイガラムシが分泌する樹脂製物質を精製したもの)、水を主成分とする皮膜剤を使用しています。 これらは、菓子などのコーティング剤として使われているもので、食品衛生法で認可されています。安全性に問題はありませんので、安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

メロン

Q:メロンが入っている箱になぜ蓄冷材を入れているの?
A:品質維持のため、最適な温度帯でお届けしています

野菜や果物は、 (1)10℃以下(カット野菜など) (2)10~15℃(通常の農産品) (3)常温(箱に入らないもの。仕分け時は15℃で管理) の、3つの温度帯に区分してお届けしています。 メロンを常温管理にすると、気温が上昇した場合、急激に熟度が増す可能性があります。そのため、外気温が高くなり始める4月頃から蓄冷材を入れ、適正な温度でお届けしています。こうした取り組みを進めた結果、お届けする間に野菜や果物が傷むケースは減少してきています。ただし、じゃがいも、たまねぎ、バナナなどを単品でお届けする場合は入れていません。 なお、外気温との差で結露する場合がありますので、お届け後は袋(箱)を開けて乾燥させてください

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

アンデスメロン

Q:薬品のようなにおいがした
A:熟しすぎによる発酵臭です
p3.jpg

メロンは、天候などの影響で糖度が上がらないとき、糖度を上げるために収穫時期をのばすことがあります。その影響でメロンが熟しすぎてしまうことがあり、内部が発酵してアルコールなどが発生し、異臭や食味の低下につながったものと思われます。 産地では収穫後に抜き取り検査を行っていますが、発見できませんでした。このような商品がございましたら、担当者にお申し付けください。今後は産地での点検を強化してまいります。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

りんご

Q:赤く色付いていない
A:夜間の温度が高いためです
03.jpg

秋口に初めて収穫するりんごの場合、夜間に気温が下がらないと着色が進まないことがあります(「つがる」は気温20度以下、「ふじ」は15度以下で着色)。青みがかっていても、食味は変わりません。コープデリ宅配でお届けするときは、「収穫前の夜の温度が高い時は、皮の色が薄い場合があります」という内容のお知らせを添付しています。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

りんご

Q:果肉まで赤く染まっている
A:果皮の色素が果肉に染み出たものです
02.jpg

紅玉などの色付きの良い品種のりんごでは、果皮の色素が果肉に染み出して赤く色付く場合があります。着色料ではなく、りんご本来の色素ですので安心してお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

りんご

Q:表面に傷がついたように変色している
A:「サビ」と呼ばれるものです
g_f02.jpg

サビは、りんごの開花時期の気温(低温、遅霜(おそじも)などの影響)によって発生します。表面がざらつき、見た目もよくありませんが、中の果肉には問題ありません。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ

ふじ(りんご)

Q:中が茶色くなっていた
A:「蜜腐れ」と思われます
p1.jpg

りんごは蜜が多いと喜ばれますが、温度変化によって茶色く変色したり、傷んだりしてしまう「蜜腐れ」が発生する場合があります。産地ではいくつかを抜き取り、カットして点検していますが、外見からは見分けられないため、今回は混入してしまいました。 今後は、産地での選別を強化します。ご家庭では冷蔵庫に保管し、早めにお召し上がりください。

野菜・果物の商品Q&Aの一覧へ