コープデリ太田センター 地域担当リーダー 田島 俊明

田島さんの画像

安中市出身 経済学部卒業 2008年入職
組合員さんを大切にできる地域担当者の育成。それが自分の課題だと感じています。

地域の生活に寄り添って、友だちに教えたくなるコープに

私は入職してから6年目ですが、この間に富岡、沼田、太田と勤務するセンターを異動してきました。いま振り返ってみると、それぞれ地域性が異なり、お役に立てることも違ってくるのだと感じています。

沼田では高齢者が多く、独居の方も少なくありません。ここでは行政と共に「見守り」に参加し、配送時には特に一人暮らしの方へ、変わったことはないか、体調を崩していないかなどの眼差しを向けてきました。一方、太田では若いファミリーが多数を占めます。赤ちゃんがいて家から出られないお母さんには、「これは便利ですよ」「これがいま人気ですよ」と、他の組合員さんから得た商品情報やくらしに役立つ実感を教えてもらい、それらを自ら発信することで情報を共有しています。

もともとコミュニケーション力に自信があり、自分の長所を生かすことでお役に立てればと考えていましたが、コープで働き出してからよく「ありがとう」と言われるようになりました。

メンバーの成長を担う責任感が自分の成長につながると実感

田島さんの画像

沼田センターに異動になった時、配送リーダーの任に就きました。配送に携わる地域担当者チームのリーダーとして、センター長、副センター長と共に運営に携わる中間管理職です。チームの意思をひとつにして、事業に生かせるよう図ることが主な任務。メンバーの仕事がうまくいかず、悩んでいる時に共に打開策を考え、ひとつひとつ障害をクリアしていくことも役目です。課題に後ろ向きで仕事にやりがいを見い出せなかった職員が、目標について話し合い、3カ月間、共に行動することでチームを引っ張る存在になったことは、嬉しい経験でした。

人は役割という責任を与えられると、大きく変わることができると知り、私にはメンバーの成長を担っているという責任がいい意味でのプレッシャーとなっています。チームには男性4人、女性3人の地域担当者がいますが、誰かが休みを取る日には配送に出ます。組合員さんの生の声に触れられるココロ楽しい日でもあります。

1日のスケジュール

8時00分 車で安中の自宅から太田センターへ向かう。
9時30分 出勤してくる職員、パートさんに声掛けし出迎える。士気が高まるように念じつつ。
9時45分 朝礼。本日の目標や伝達事項の確認。
10時00分 メンバーの配送出発を見届けてから事務処理。前日の残務や課題対処など。休みを取った職員がいる場合は、その配送コースを担当する。
12時00分 昼食・休憩。たいていはセンター内で、持参した弁当を食べる。
13時00分 事務処理業務再開。配送コースのメンテナンス、キャンペーン準備など。
17時00分 パート職員の帰着を迎えフォロー業務。
18時00分 職員帰着、情報や報告を順次受け、課題に対処。センター長に報告・相談など。
20時00分 業務が無事に終えたことに感謝して、退勤。
田島さんの画像

コラム

コープぐんまのサポーターとして採用活動にも加わっています。リクルーターとしてガイダンス、新入職員研修などを担当し、若い人たちの成長を促す仕事にやりがいと魅力を見出しました。将来はこうしたフィールドで自分磨きができればと考えています。

正規職員募集ページへ戻る