食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協へ。

ビジョン(2025年のめざす姿)

ビジョン(2025年のめざす姿のイメージ

食の安全と安心を第一に、コープデリ宅配事業と店舗事業を通して、食卓に笑顔をお届けし、食の文化に関与している自覚を持ち、組合員のくらしに生涯にわたって貢献します。

組合員のくらしや地域社会で生まれた課題の解決に向けて、地域の団体・人とつながり、地域の多様性を認識し、協同して各地域で多彩な取り組みを推進します。組合員は全世帯の半数を超えることをめざします。

時代を見据え、先進性を持ち、組合員に優しく地域を豊かにするコープとして、誰にも寄り添った生協となり、地域から“身近に生協があって良かった”という“頼られる存在”をめざします。

私たちの連帯のレベルを高め、全国の生協や行政・諸団体と連帯・連携の輪を広げ、くらしに関わる課題、環境・食料など地球規模・国際的な取り組みを進め、未来の組合員につながる協同を育んでいきます。

ビジョンを実現するためのプログラム

掲げたビジョンを実現していくために、どのように行動していけば良いかを示す具体的な方向性を4つのプログラムとして設定します。

【プログラム1】 誰もが利用しやすい食を中心とした事業

私たちは、“食を中心とした事業”を幹として、くらしを支える事業の枝をのばし、組合員一人ひとりの“現在と未来のくらし”に、生涯にわたって貢献します。

【プログラム2】 “組合員のくらし”と“地域”のニーズを協同の力で実現

私たちは、事業と活動を通して組合員のくらしと地域のニーズを行政・諸団体と協同し、実現していきます。

  • ◆地域社会の中でくらしの要望・課題を解決
  • ◆くらしの安心や環境問題などの取り組み
  • ◆地域社会づくりと参加とネットワークの取り組み

【プログラム3】 連帯の推進

私たちは、コープネットグループ、都県および全国の生協との連帯をさらに推進していきます。

  • ◆コープネットグループの連帯
  • ◆都県および全国、世界の協同組合との連帯

【プログラム4】 “人に優しく”、“誇りが持てる”組織

私たちは、常に組合員の願いに応え、“人に優しく”、“誇りが持てる”組織づくりをめざします。

  • ◆事業のイノベーション(革新)を起こし続ける経営組織
  • ◆民主性・公開性・透明性を確保し、健全な運営
  • ◆職員満足度が高まり、職員が誇りを持てる職場風土
  • ◆次世代・若手の人材育成と、女性の登用

コープぐんまビジョン2025