女性活躍推進行動計画

コープぐんま女性活躍推進行動計画

2016年2月

コープぐんまは2005年4月から次世代育成支援行動計画を策定し、仕事と子育てを両立させることができ、全職員が働きやすい環境、能力を十分に発揮できる職場づくりをめざして雇用環境の整備や施策を行ってきました。
女性の職業生活における活躍の推進に関する法律が2016年4月から施行されるに先立って、さらに女性職員が活躍できる労働環境を整備するため、女性の活躍に関する状況を把握し、改善のための分析を踏まえたうえで、以下の通り女性活躍推進に関する一般事業主行動計画を策定しました。

1.一般事業主行動計画の策定日

2016年3月3日(同年3月23日届出)

2.計画期間

2016年4月1日~2018年3月31日までの2年間

3.数値目標、取組内容及び実施時期

目標1:新規採用・中途採用職員の40%以上を女性とします。

取組内容
2016年4月以降 採用パンフレットや採用ホームページ上で、女性が活躍している様子を積極的に紹介します。

目標2

  • 1.リーダー・チーフ階層の女性職員数を10名以上にします。
  • 2.パート職員から正規職員への登用を継続して行い、登用者の40%以上を女性とします。

取組内容

  • ア.2016年と2017年の10月に実施するL階層試験に、女性職員を毎年3人以上推薦します。
  • イ.正規職員への登用選考を、年2回実施します。(2016年9月登用、2017年3月登用、2017年9月登用、2018年3月登用)

目標3

  • 1.SM店サブチーフパートを正規職員(エリア・専任)チーフの候補者として育成し、2018年3月までに女性パート職員から5名以上を任用します。
  • 2.SM店正規職員(エリア・専任)チーフをサブチーフ候補の中から育成し、2018年3月までに新たに女性パート職員から2名以上を登用します。

取組内容
2016年12月までに、サブチーフ任用選考面接試験、正規職員(エリア・専任)チーフ育成プログラムを実施し、継続して取り組みを進めます。