地域での見守り活動

見守り協定の締結状況

多くの自治体では、誰もが安心して暮らせる地域のために、自治体や住民、地域で活動するさまざまな事業所が協働して地域の高齢者の見守り活動を行っています。コープぐんまでは、事業活動の中で、高齢者などの異変に気付いた場合、行政や警察、地域包括支援センター、ご家族への連絡を行うようにしています。

自治体が進める地域の見守りネットワークを広げるために、自治体との協定や見守りネットワークにも参加しています。

コープぐんまでは、群馬県および、県内19市町村と見守り協定を締結しています。

  • ※生協により、県との協定を優先し、市町村とは必要に応じて締結する、あるいは区市町村を優先するなど、方針は異なります。
  • ※一部の地域を除き、全都県配達エリアで見守り活動を行っています。
  • ※2016年12月31日現在の数字となっております。

みなかみ町高齢者等支援ネットワーク連絡協議会

2015年5月に「みなかみ町高齢者等支援ネットワーク連絡協議会」が開催されました。見守り協定を締結しているコープぐんまから、沼田エリアの理事2名と事務局2名が出席しました。連絡協議会※1において、あいさつ、講演のほか各団体の紹介および活動報告が行われ、行政とのつながりを深めました。

  • ※1 行政団体や事業者34団体からなる協議会
みなかみ町高齢者等支援ネットワーク連絡協議会での活動報告の様子