自然共生社会の実現に向けて

体験学習により組合員が生物多様性や自然環境の保全に参加できる取り組みを進めています

コープぐんまでは毎年群馬県畜産協会と協力し、群馬県内の畜産の状況や酪農への理解を深めるために「牧場体験交流事業」を行っています。

2017年8月24日(木)組合員15組40名(大人17名子ども23名)の参加で、「CO・OPぐんま牛乳」が牧場から家庭に届くまでの体験学習が行われました。

長壁牧場では開放的で衛生管理の行き届いた牛舎や搾乳施設を見学しました。牛とのふれあい体験では、生まれて間もない子牛へ授乳、搾乳施設への子牛の移動、授乳マシーンの見学などを行いました。

神津牧場での畜産の仕事体験の様子

「森林づくり」に取り組み、環境をみんなで考えます

2018年3月、群馬県と沼田市とコープぐんまは「森林整備等の活動に関する協定書」に調印し、年2回の「森林づくり」に取り組んでいます。春は植樹、秋は下草刈りと間伐を行ないます。また、緑のインタープリターを講師に森林での自然観察会を実施しています。

植樹に参加をした方々の写真

みんなで30本の植樹をしました

自然観察会の写真

自然観察会で・・・それぞれ大切なものを見つけました

植樹をおこなっている様子の写真

親子で一生懸命植樹しました。

植樹をおこなっている様子の写真