自然共生社会の実現に向けて

体験学習により組合員が生物多様性や自然環境の保全に参加できる取り組みを進めています。

コープぐんまでは毎年群馬県畜産協会と協力し、群馬県内の畜産の状況や酪農への理解を深めるために「牧場体験交流事業」を行っています。8月2日、3日の2日間に渡り、9家族24名の組合員と共に群馬県の神津牧場に宿泊して畜産の仕事を体験しました。

体験では実際に牛が放牧されている山へ入り、牧草を食べ終わって休んでいる牛に触れたり、子牛の小屋の掃除や餌やり、乳搾り体験を行いました。

神津牧場での畜産の仕事体験の様子

コープぐんまが加入するコープネット事業連合は2017年6月にコープデリ連合会に名称変更しました。
このページは旧名称の時期の記事を掲載していますので、「コープネット」としています。