循環型社会の実現に向けて

事業活動から発生する廃棄物の抑制に努め、組合員と協力し、資源物の回収・リサイクルを推進しています。

宅配・店舗を通じた資源物の回収・リサイクル

宅配・店舗でお届けした容器・包装や、カタログ・チラシを、宅配・店舗を通じて回収し、再生品の原料として活用する取り組みを進めています。

コープデリグループの2017年度回収量(CO2削減量計:33,700トン・CO2)

※ 横にスクロールしてご覧ください
  宅配 店舗
回収品目
商品とカタログのお届けポリ袋
商品とカタログ
のお届けポリ袋
商品カタログチラシ
商品カタログ
チラシ
アルミ缶
アルミ缶
用途
パレット、車の部品など
パレット、
車の部品など
再生紙の原料
再生紙の原料
アルミ缶、サッシなど
アルミ缶、サッシなど
回収量
(kg)
587,677 42,349,867 154,892
前年比
(%)
106.5 107.9 100.8
CO2削減量
(t-CO2)
1,528 24,563 1,332
※ 横にスクロールしてご覧ください
  宅配・店舗
回収品目
飲料用紙パック
飲料用紙パック
ペットボトル
ペットボトル
食品発泡トレー(店舗のみ食品透明トレーも回収)
食品発泡トレー
(店舗のみ食品
透明トレーも回収)
たまごパック

たまごパック

用途
トイレットペーパー・ティッシュペーパー
トイレットペーパー・
ティッシュペーパー
ペットボトル・たまごパック・ユニフォームなど
ペットボトル・たまご
パック・ユニフォームなど
建材・ベンチ(芯材)・プラスチック製品
建材・ベンチ(芯材)・
プラスチック製品
たまごパック、フルーツケースなど
たまごパック、
フルーツケースなど
回収量
(kg)
1,003,626 980,200 252,570 177,041
前年比
(%)
108.2 102.8 107.9 97.0
CO2削減量
(t-CO2)
502 3,529 1,591 655
※ 横にスクロールしてご覧ください
  • ※回収リサイクルによるCO2(二酸化炭素)削減量は、環境省が提供する「3R行動見える化ツール(平成28年3月版)」を基に算出しました。
  • ※ボトルキャップも回収しています。詳しくはこちらで紹介しています。

レジ袋の削減【マイバック持参】

コープぐんま・コープデリグループの店舗では、1990年代から組合員にお買物時のマイバッグ持参を呼びかけてきました。有料レジ袋のレジでの販売や、レジ袋辞退者へのキャッシュバックにより、削減を進めています。

コープデリグループのレジ袋辞退率*1

2016年 2017年
81.6% 81.4%
  • *1 レジ袋辞退率は来客数に対するレジ袋未利用者数の割合です。
  • *2 レジ袋想定削減枚数はレジ袋利用者一人当たりの実績1.2枚にレジ袋未利用者数を乗じて算出しました。

レジ袋想定削減枚数*2

6,598万1,676

CO2削減量 2,516t-CO2相当

原油換算で200Lドラム缶
4,249本相当

ドラム缶のイラスト
  • ※ レジ袋のCO2削減量と原油換算値は環境省が提供する「3R行動見える化ツール(平成28年3月版)」を基にしました。

お店で出た食品廃棄物をリサイクルします

発生抑制に努めてもどうしても出てしまう、期限切れ商品や食品残さ等の食品廃棄物は、飼料や肥料、魚油、バイオガス、BDF(バイオディーゼル燃料)にリサイクルしています。

コープデリグループの食品廃棄物リサイクル率

リサイクル率(%)
2015 83.4
2016 83.7
2017 83.8